湯﨑知事からのメッセージ

~PEACE ARCH HIROSHIMA 開催にあたり~

被曝から約 70 年を迎えようとする広島は、世界各国のあたたかい支援と、多くの県民のたゆまぬ努力によって、美しい広島に復興しました。

世界平和の実現に貢献することが広島の使命と考え、これまでも、核兵器のない平和な国際社会のため、世界にメッセージを発信し多くの活動に取り組んできました。

世界中に「平和の象徴」として知られる広島が、これから目指していくこと。
それは、複雑かつ多様化した、いまの平和を脅かす地球規模の課題解決に取り組み、あたらしい平和のインフラをつくり、世界の人々に人間らしい生き方や社会のありかたを、先駆的に提示していくことです。

PEACE ARCH HIROSHIMA と名付けられたこのプロジェクトはアーチ(弓)のような強い力で、ときにアーチ型の架け橋となり、広島と世界、人と人、情報をつなげます。

広島が取り組む当プロジェクトに、より多くの方にご賛同、ご参加いただき、ひとりひとりが主体となって真の意味の平和、復興への力強い希望の輪が、ムーブメントとなり広がっていくことを切に願っております。

広島県知事   湯﨑 英彦